トップ ≫ 微生物検査関連 ≫ 顕微鏡デジタルシステム

顕微鏡デジタルシステム Moticam2000

お手持ちの顕微鏡の検鏡像がUSB2.0ケーブルで、パソコンへ入力可能となります。
リアルタイムに検鏡像をパソコンモニタの全面に表示させ、ピント・色調・彩度等の撮影に大きく関る要素を調節可能です。
鏡筒内径が23.2及び30.0mmのJIS規格準拠製品であれば、どんあ光学顕微鏡でも接続が可能です。

特徴

  • 200万画素の高解像度
  • 画像取込・加工ソフト付属
  • 取り込んだ画像の長さや面積の計測が可能
  • 色調・ホワイトバランス調整機能付き
  • 別売のアッセンブリソフトで、最大縦10枚×横10枚の画像マッピングが可能


Moticam2000での撮影画像サンプル


仕様

仕 様 : ハードウェア
出力 USB2.0
撮像素子 1/2インチCMOS
画素数 2.0Mpix( 200 万画素相当)
ホワイトバランス ソフトウェアによる自動及びマニュアル補正
取込静止画 最高1600×1200ピクセル
動画取込 最高40フレーム/秒(800×600ピクセル)
電源 USBより供給
大きさ 48×48×33 mm
重さ 約170g(ケーブルを含む)
仕 様 : ソフトウェア
階調 24bit( 1670 万色)
データフォーマット BMP、JPG、SFC、TIFF
画像処理 明るさ、コントラスト、色合い、明度、色調、 グレースケール、反転、 フィルタ(ぼかし、スムーズ、シャープ、浮き彫り、 グリース、石版画、モザイク、黒の強弱)
画像計測 長さ、面積(方形、円、長円、任意)、周囲長、半径、 円周、角度
動作環境 CPU : Pentium Ⅲ1GHzか同等以上、メモリ:256MB以上
HDD : 1GB 以上の空き容量、ディスプレイメモリ: 32MB
USB2.0 端子標準装備、 CD-ROM ドライブ、サウンドボード
推奨動作環境(PC)CPU:PentiumⅢorⅣ 2.0GHz以上
メモリ:512MB
作動システム Windows2000 / XP
品番Moticam2000 SGI-115-417


製造元: 島津理化器械株式会社

↑ page top

微生物検査関連

商品カテゴリ

カスタマー・ページ