トップ ≫ 三菱ガス化学 ≫ 嫌気培養

嫌気培養

アネロパック・ケンキ

【嫌気性菌の大量培養に】

 
  • 発生する炭酸ガス量が多いので、大きなコロニーが得られます
  • 特に黒色色素産生グラム陰性桿菌の色素産生量は、他の方法より良好と評価されています(第21、22回嫌気性菌感染症研究会)
  • ジャー内が過度に陽圧・陰圧・高温にならないので角型ジャーを使用でき、フタの開閉も容易に行なえます
  • アネロパックはアスコルビン酸(ビタミンC)を主成分としています

 
  • アネロパックケンキが容器内の酸素を吸収すると同時に、16%以上の炭酸ガスを発生し、嫌気環境を作ります(2時間以内にジャー内の酸素は0.1%以下になります)
  • ※嫌気指示薬の変色(酸素濃度0.1%以下でピンク色に呈色)には、嫌気環境になってからさらに2時間程度がかかります
  • [アネロパックケンキ(薬剤感受性用)のガス濃度] CO2濃度は10%。薬剤の感受性試験専用。酸素吸収・CO2発生スピードはアネロパック・ケンキと同一です

アネロパック・ケンキ(高温菌用)

【嫌気性高温菌の50℃以上での培養に適しています】
  • アネロパック・ケンキ(高温菌用)は50℃下で、2時間以内に酸素500mlを吸収します。37℃下ではさらに1~2時間程度を要します
  • Wチャック付スタンディングパウチもしくはスタンディングパウチと密閉クリップ(高温培養用)をご使用ください。角型ジャーにはご使用になれません

アネロパック・ケンキ5%(旧品名:アネロパック・ケンキFor Cell)

【細胞の虚血実験に】

 
  • 炭酸ガス濃度5%前後での低酸素実験を手軽に行なえます。大掛かりな装置は必要ありません。(用途例:嫌気性菌の培養、細胞の培養など)
  • アルミ袋を破って中の剤を容器に入れるだけでただちにO2を吸収、CO2を発生し、「O2濃度は1%以下、CO2濃度5%前後」という環境を、1時間以内に作ります
  • CO2濃度5%は約5時間維持され、その後低下します
  • 角型ジャー(標準型)に1個ご使用ください。ペトリディッシュ、マイクロプレート、マルチディッシュなどを収容できます

パウチ袋用「アネロパウチ・ケンキ」

【平板培地2枚での少量培養用。嫌気要求度の低い菌の場合3枚も可能です。Wチャック袋または専用パウチ袋とご使用ください。】

 
  • 平板培地の枚数が少ない場合に最適です
  • 検体の輸送用にも有効です
  • 菌の発育状態が密閉したままで確認できます
  • 専用パウチ袋は穴が開かない限り、繰り返し使用可能です
  • アネロパウチ・ケンキと専用のWチャック袋、嫌気指示薬がセットになったWチャックパウチシステム・ケンキもございます

培養結果

培養結果
 

ご使用に際して

  アネロパック・ケンキ アネロパウチ・ケンキ
使用量
  • 2.5リットルまでのジャーまたはスタンディングパウチ:1袋
  • 3リットル以上のジャー:大きさに応じて2袋以上
  • 専用パウチ袋または角型ジャー(薄型):1袋
  • 角型ジャー(薄型)以外のジャーには使用できません
注意事項
  • アルミ袋を破るとすぐに反応が始まります。剤を取り出してからジャーのフタを閉めるまでは、すみやかに行なってください(ジャー用:1分以内、パウチ袋用:30秒以内)
  • ひとつの容器内で複数個使用する場合は、重ならないようにひとつずつ離してください
  • 使用済みの剤は余剰能力のため発熱することがあります。実験台の上などに30分程度放置し、発熱が収まってから捨ててください
  • 高温菌にはアネロパック・ケンキ(高温菌用)をお使いください

↑ page top

三菱ガス アネロパック

商品カテゴリ

カスタマー・ページ